コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕女図 しじょずshi-nü-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕女図
しじょず
shi-nü-tu

宮廷に仕える女性の風俗を主題とする中国の絵画のジャンル。隋・唐代に盛行,周 昉張萱 (ちょうけん) らの名手を輩出して五代,南唐の周文矩らに継承され,彼は後世仕女図の祖とされた。宋,元の作は少く,明代に唐寅 (とういん) ,仇英らにより復興されると,上層階級の女性を描いたものをも仕女図と呼び,美人画との境界は曖昧となって,その傾向は清代に継承された。著名な作品は伝周文矩筆『仕女図巻』,徽宗筆『も張萱搗練図巻』 (ボストン美術館) ,仇英筆『漢宮春暁図巻』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仕女図の関連キーワード世界のおもな美術館鳥毛立女図屏風費丹旭冷枚周昉

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android