コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仇英

7件 の用語解説(仇英の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

仇英

明代の画家。江蘇省生。字は実父、号を十州。人物・鳥獣・山水・楼観を能くしたが、特に人物画は、濃い彩色・忠実な写実・美しい表現を狙った描写的様式に一段と細密さを加えた様式を大成し、さらに美人風俗画として独特の画体を作り、この後の風俗人物画はみな仇英風に変わったとされる。没年不詳(1552年頃)。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐えい〔キウ‐〕【仇英】

中国、明の画家。太倉(江蘇省)の人。字(あざな)は実父(じっぽ)。号は十洲。唐宋の画風を学んで独自の画風をつくった。人物・山水にすぐれ、美人画は明代第一とされる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仇英【きゅうえい】

中国,明代中期の画家。字は実父(じっぽ),号は十洲。江蘇の人。周臣に師事し,師,同門の唐寅とともに院派の三大家となった。古画の模写を通じて習得した正確で細密な描線を駆使して,山水画人物画を描き,特に士女風俗図は後世多く模倣された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうえい【仇英 Qiú Yīng】

?‐1552?
中国,明中期に蘇州で活動した画家。字は実父,号は十洲,江蘇省太倉の人。山水,人物,花鳥に長じ,沈周(しんしゆう),文徴明,唐寅(とういん)とともに明四大家と称される。四大家のうち唯一の職業画家であるが,文徴明らとの交流によって文人的教養も身につけていた。初め周臣に師事してその伝統受容の態度を学び,のちにあまたの古画をみずから臨摹(りんも)して伝統把握を確かなものとし,一家をなした。厳しい修練に支えられた的確な技巧,ことに中間色を多用した婉麗なその色彩処理によって豪奢な絵画世界を築きあげ,明代絵画史の一つの頂点を極めるとともに,文徴明以後カラリストとしての性格をあらわにする呉派文人画の変容に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうえい【仇英】

中国、明代中期の画家。字あざなは実父じつぼ。号は十洲。漆工から身を起こし、宋・元の名作の臨模を通じて一家をなす。風俗人物画・山水画に名品が多い。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仇英
きゅうえい
Qiu Ying

[生]?
[没]1552頃
中国,明の院派の職業画家。太倉 (江蘇省) の人。蘇州に住み 16世紀前半に活躍,40歳で没した。字は実父,号は十洲。周臣に学び,唐,宋の名跡の臨模により一家をなした。人物,楼閣,山水を描いたが,山水では唐の青緑山水形式を復興し,同時に呉派文人画風の山水画をも描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仇英
きゅうえい

生没年不詳。中国、明(みん)代の職業画家。16世紀前半、嘉靖(かせい)ころに活躍した。浙派(せっぱ)と呉派(ごは)の勢力交代期にあって、伝統的画風を研究して独自の絵画世界をつくりだした院派の三大家(他は唐寅(とういん)、周臣(しゅうしん))の一人。字(あざな)は実父(実甫)(じつほ)。号は十洲。江蘇(こうそ)省太倉の下層階級の出身で、呉県(蘇州)に移住した。周臣の弟子となり、古画を研究してその臨模(りんも)などによって獲得した卓抜なる職人的技巧を振るって、人物、鳥獣、山林、楼閣、車馬など多くの画題を描いたが、とくに風俗的な人物、仕女図に名声がある。宋(そう)の李公麟(りこうりん)以来の線描様式を集成した画風で、鮮麗な濃彩と写実的で細密な描写に特色がある。文徴明をはじめ当時の文人たちとも交わり、画(え)も彼らに評価され、またその美人風俗画は風俗人物画の範として影響は清(しん)代にも及んだ。偽物を含め多くの作品が伝わり、日本にあるものでは『桃李園・金谷園双幅』(知恩院)が有名である。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仇英の言及

【周臣】より

…字は舜卿,号は東村,蘇州(江蘇省)の人。仇英,唐寅の師。この師弟3人を併せて,宋代院体画風に連なるという意味で院派と呼ぶ。…

※「仇英」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仇英の関連キーワード周臣王巌唐寅李士達高啓費丹旭共匪CIC(Counter Intelligence Corps=対敵諜報部隊)香川氷仙木村玉英

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仇英の関連情報