コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周昉 しゅうぼうZhou Fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周昉
しゅうぼう
Zhou Fang

中国,中唐の画家。字は景玄,仲朗。官は宣州長史。人物,仏画を得意とし,長安洛陽の寺院壁画の制作も行い,仏画では水月観音図の形式を創始したといわれる。ことに師である張萱 (ちょうけん) の影響を受け,簡潔で美しい描線によって描かれた貴族遊宴図や美人図で著名。伝称作品に『揮扇仕女図巻』 (北京,故宮博物院) ,『簪花仕女図巻』 (遼寧省博物館) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぼう【周昉 Zhōu Fǎng】

中国,盛唐から中唐の道釈・人物画家。生没年不詳。字は仲朗,西安の人。呉道子に次ぐ唐代第二の画家とされる。道釈画では水月観音の体を創始し,人物画では対象とする人物の性格描写といった面で韓幹に優ったといわれる。ことに仕女画すなわち美人画では張萱(ちようけん)に学んでさらにそれを発展させ,以後仕女画が中国絵画の重要なジャンルの一つとなってゆく礎を築きあげた。伝称作品に《揮扇仕女図巻》(北京故宮博物院),《簪花(しんか)仕女図巻》(遼寧省博物館)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうぼう【周昉】

中国唐代の画家。字あざなは仲朗・景元、張萱ちようけんの画風に学び美人画を得意とした。また、仏画では独自の水月観音を創始。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

周昉の関連キーワード周文矩画風李真王淵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android