コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他魯毎 たるみー

2件 の用語解説(他魯毎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

他魯毎

没年:尚巴志8(1429)
生年:生年不詳
古琉球三山時代の山南(南山)最後の王。在位15年(1415~29)。タルミーは「たろう」に接尾敬称辞「もい(思い)」がついた形。尚思紹9(1414)年,諸臣が連合して,父汪応祖を殺した達勃期を討ち,翌年王位につけ,明の成祖の冊封を受けた。世子代を含め計8回明に入貢。尚巴志8(1429)年中山王尚巴志に亡ぼされた。そのときの逸話に,尚巴志が所有していた金屏風を領内の嘉手志川と交換,巴志は泉を手に入れると中山に帰順する者にのみその使用を許し,困った農民は山南王を恨み,それが滅亡の一因となったという。出自について正史『球陽』は汪応祖の長子とするが,ほかに巴志の子とする説,さらには他魯毎政権は中山の傀儡とする説まで様々である。

(田名真之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

他魯毎
たるみい
(?―1429)

沖縄の三山(さんざん)時代の山南(さんなん)(南山)最後の王。汪応祖(おうおうそ)の長子といわれるが、尚巴志(しょうはし)の子とする史書もあり、出自不明の点が多い。達勃期(たぶち)により殺害された汪応祖の後を受けて1415年(応永22)山南王となり、同年、冊封使陳季芳(ちんきほう)により冊封を受けた。進貢貿易を盛んに行い、他の二山(中山(ちゅうざん)、山北(さんほく))に対して優位を得ようとしたが、29年(永享1)中山王尚巴志の手で攻め滅ぼされた。近世の正史『中山世鑑(ちゅうざんせいかん)』には悪徳の王として描かれている。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他魯毎の関連キーワード南山三山終南山今帰仁城跡南山大師承察度王玉城王他魯毎王攀安知王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone