コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付法蔵因縁伝 ふほうぞういんねんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付法蔵因縁伝
ふほうぞういんねんでん

釈尊の入滅後,付法相伝した 23祖師の因縁を叙述したもの。6巻。北魏の延興2 (472) 年吉迦夜,曇曜共訳となっているが,サンスクリット語からの訳本ではなく口伝による作成らしい。特に天台宗禅宗では古来尊重されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

付法蔵因縁伝の関連キーワードラーフラバドラ馬鳴釈尊

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android