コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付法蔵因縁伝 ふほうぞういんねんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付法蔵因縁伝
ふほうぞういんねんでん

釈尊の入滅後,付法相伝した 23祖師の因縁を叙述したもの。6巻。北魏の延興2 (472) 年吉迦夜,曇曜共訳となっているが,サンスクリット語からの訳本ではなく口伝による作成らしい。特に天台宗禅宗では古来尊重されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

付法蔵因縁伝の関連キーワードラーフラバドラ馬鳴釈尊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android