コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付祝言 ツケシュウゲン

デジタル大辞泉の解説

つけ‐しゅうげん〔‐シウゲン〕【付祝言】

能で、1日の番組の最後に、囃子(はやし)なしで地謡(じうたい)が謡う短い謡。切能(きりのう)が祝言能のときには行わない。普通は「高砂」の終わりの一節が謡われる。祝言小謡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つけしゅうげん【付祝言】

能楽で、一日の演能をめでたく終わらせるために、最後の能のあとに地謡方じうたいかただけで謡う謡。多く「高砂」の一節を用いる。祝言小謡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の付祝言の言及

【祝言】より

…観世流では,その祝言曲として《岩船》《金札》は後段のみを演ずることにしている。略しては,一曲最終部の祝言性を盛る章句数行を謡い付(つけ)祝言という。初番目物脇能【味方 健】。…

※「付祝言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone