仙台張子

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仙台張子[人形・玩具]
せんだいはりこ

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)、伊達藩士・松川豊之進が創始したという。以来、伊達藩の下級武士の内職として盛んになった。代表的なものは、素朴な形・表情・彩色が見事に調和した松川だるま。現在も、昔の技法を継承して、黒面や俵牛・虎・黒馬などの張子玩具がつくられている。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android