仙台張子

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仙台張子[人形・玩具]
せんだいはりこ

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)、伊達藩士・松川豊之進が創始したという。以来、伊達藩の下級武士の内職として盛んになった。代表的なものは、素朴な形・表情・彩色が見事に調和した松川だるま。現在も、昔の技法を継承して、黒面や俵牛・虎・黒馬などの張子玩具がつくられている。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android