コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙巌能範 せんがん のうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙巌能範 せんがん-のうはん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。太初継覚(たいしょ-けいがく)に師事し印可をうける。応永13年(1406)越前(えちぜん)(福井県)松隠寺にはいり,ついで竜沢寺,能登(のと)(石川県)総持寺住持となる。のち尾張(おわり)(愛知県)常楽寺の開山(かいさん)となった。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗姓は平(たいら)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仙巌能範の関連キーワード室町時代雲岡栄玖寿岳景椿曹洞

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android