常楽寺(読み)じょうらくじ

精選版 日本国語大辞典「常楽寺」の解説

じょうらく‐じ ジャウラク‥【常楽寺】

[一] 長野県上田市別所温泉にある天台宗別格本山山号金剛山。天長三年(八二六円仁創建。弘長二年(一二六二建立の石造多宝塔は国重要文化財北向観音
[二] 滋賀県湖南市にある天台宗の寺。山号は阿星山。和銅年間(七〇八‐七一五良弁(ろうべん)開基と伝えられる。延文年間(一三五六‐六一)観慶が再興。室町初期に建立された本堂三重塔国宝。同町の長寿寺を東寺とよぶのに対して、西寺(にしでら)という。西寺の観音

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「常楽寺」の解説

常楽寺
じょうらくじ

滋賀県湖南市にある天台宗の寺。和銅年間 (708~715) ,良弁創立で,現在の堂塔は火災後の延文5 (1360) 年に再建されたもの。同市にある長寿寺を東寺と呼ぶのに対し,西寺と呼ばれる。本堂は桁行7間の大規模な和様密教本堂の代表例。三重塔は応永7 (1400) 年の建造,純和様の優れたもので,ともに国宝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「常楽寺」の解説

じょうらく‐じ〔ジヤウラク‐〕【常楽寺】

長野県上田市にある天台宗の寺。山号は金剛山。開創は天長2年(825)、開山円仁えんにんと伝える。北向観音は古来厄除けの観音として有名。
滋賀県湖南市にある天台宗の寺。山号は阿星あせい山。開創は和銅年間(708~715)、開山は良弁ろうべん当初法相宗。本堂・三重塔は国宝。西寺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「常楽寺」の解説

常楽寺

長野県上田市にある寺院。天台宗別格本山。山号は金剛山。825年開創と伝わる。本尊妙観察智(みょうかんざっち)弥陀如来。多宝塔は国の重要文化財に指定。観音堂の「北向観音」は古来厄除けで知られ、南向きに建立された善光寺とあわせて参詣するのがよいとされた。

常楽寺

徳島県徳島市にある寺院。高野山真言宗。山号は盛寿山、院号延命院、本尊は弥勒菩薩。815年、空海の創建と伝わる。四国八十八ヶ所霊場第14番札所。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android