コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石左京女 せんごく さきょうの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石左京女 せんごく-さきょうの-むすめ

?-? 江戸時代後期の女性。
但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩家老であった父左京の罪により,母とともに国をおわれて京都で私娼(ししょう)となった。客になった大坂の糸商人の息子がおきわすれた200両を正直にかえしたことが縁となり,安政4年(1857)その正妻にむかえられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仙石左京女の関連キーワード但馬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android