コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代物替え シロモノガエ

2件 の用語解説(代物替えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しろもの‐がえ〔‐がへ〕【代物替え】

江戸時代、長崎での外国貿易の一方法。双方の売物・買物の合計額が同じとなるように品物を交換した物々交換取引。貞享3年(1686)に始まり、宝永5年(1708)廃止。
品物と品物とを交換すること。物々交換。
「板行名号、安産の守りと、―の蒲焼き」〈当世下手談義・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろものがえ【代物替え】

品物を他の品物と交換すること。物々交換。
江戸時代、外国貿易の一方法。外国への金銀流出を防ぐため幕府が1684年に貿易額を制限して以降、金銀の代わりに銅などを対価として行われた貿易。かわりものがえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone