コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以円 いえん

美術人名辞典の解説

以円

善通寺住職。泉州堺の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以円 いえん

?-? 平安時代中期の僧。
大江以言(もちとき)の子。天台宗。比叡山(ひえいざん)首楞厳(しゅりょうごん)院で密教と顕教をおさめる。奈良興福寺の僧円縁と親交をむすぶ。天喜(てんぎ)年間(1053-58)病でたおれ,円縁の夢中にあらわれて極楽往生をつたえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android