コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕教 けんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顕教
けんぎょう

仏教用語。密教からみて,密教外の仏教のもろもろの教えをさす語。普通の人々にもわかるように,言語文字のうえに,明らかに説き示された教えの意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぎょう〔‐ゲウ〕【顕教】

仏語。言語や文字で明らかに説いて示した教え。密教以外の仏教のこと。また、真言宗では釈迦の説いた教えをいい、天台密教では一乗に対して三乗の教えをいう。顕宗。⇔密教

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

顕教【けんぎょう】

仏教において密教の対。〈げんきょう〉とも。顕密二教とも使う。は顕露・顕示の意。真言宗では《大日経》《金剛頂経》による教法を密教といい,他は顕教。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんぎょう【顕教】

〘仏〙 密教に対し、言語によって明らかに説き示された仏教の教え。密教で、自宗以外の宗派をいう。顕宗。 ↔ 密教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顕教
けんぎょう

密教に対する概念。真言宗では自らの宗の教えと他の宗の教えとを、密教と顕教に分け、密教に思想的優越性を与えた。密教とは法身(ほっしん)(仏の本身たる永遠不滅の法)の大日如来(だいにちにょらい)が自らの悟りの世界をそのまま説いた教えで、けっして表面上では知りえない秘密の教えである。これに対し、顕教とは人々の能力とか性質に従って、報身(ほうじん)(善業の報いとして現れた仏身)、応身(おうじん)(衆生(しゅじょう)に応じて現れた仏身)により説かれたもので、迷いを除き悟りを開く教え、あるいは修行をしてその結果悟りを開く教えといわれている。密教では自らの教え以外は顕教であるとしている。[由木義文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

顕教の関連キーワード秘密道次第論タシルンポ寺覚円(1)ガンデン寺綜芸種智院ツォンカパ普門(1)覚慶(1)美田村顕教十重禁戒デプン寺サキャ派藤原顕長深沙大将大日如来三摩耶戒レポン寺真言止観大円鏡智顕教美術

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顕教の関連情報