顕教(読み)けんぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「顕教」の解説

顕教
けんぎょう

密教する概念。真言宗では自らの宗の教えと他の宗の教えとを、密教と教に分け、密教に思想的優越性を与えた。密教とは法身(ほっしん)(仏の本身たる永遠不滅の法)の大日如来(だいにちにょらい)が自らの悟りの世界をそのまま説いた教えで、けっして表面上では知りえない秘密の教えである。これに対し、顕教とは人々の能力とか性質に従って、報身(ほうじん)(善業の報いとして現れた仏身)、応身(おうじん)(衆生(しゅじょう)に応じて現れた仏身)により説かれたもので、迷いを除き悟りを開く教え、あるいは修行をしてその結果悟りを開く教えといわれている。密教では自らの教え以外は顕教であるとしている。

[由木義文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「顕教」の解説

けん‐ぎょう ‥ゲウ【顕教】

〘名〙 仏語。顕(あら)わにわかりやすく説き示した教え。真言宗では釈尊の説いた教えをさし、天台宗では一乗に対して三乗をいう。顕宗。けん。⇔密教
※三代実録‐元慶八年(884)九月一七日「顕教宗者、不授業之師、至真言教者、未灌頂者、不一句

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「顕教」の解説

顕教
けんぎょう

仏教のうち密教以外のもの
釈迦が平明に説いた教えを顕教とする。空海が『弁顕密二教論』『十住心論』の中で密教に対して用いた語で,南都六宗や天台宗などを顕教としたが,天台ものちに密教化し,台密といわれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「顕教」の解説

けん‐ぎょう〔‐ゲウ〕【顕教】

仏語。言語や文字で明らかに説いて示した教え。密教以外の仏教のこと。また、真言宗では釈迦の説いた教えをいい、天台密教では一乗に対して三乗の教えをいう。顕宗。⇔密教

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「顕教」の解説

顕教【けんぎょう】

仏教において密教の対。〈げんきょう〉とも。顕密二教とも使う。顕は顕露顕示。真言宗では《大日経》《金剛頂経》による教法を密教といい,他は顕教。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「顕教」の解説

顕教
けんぎょう

仏教用語。密教からみて,密教外の仏教のもろもろの教えをさす語。普通の人々にもわかるように,言語文字のうえに,明らかに説き示された教えの意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android