コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想アプライアンス かそうあぷらいあんす

1件 の用語解説(仮想アプライアンスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仮想アプライアンス

コンピューター上に組み込んで利用するための、仮想化ソフトウェア、OS、アプリケーションなどをセットで指す言葉。あらかじめ必要な業務用ソフトウェアなどをインストールしたコンピューターを「アプライアンス」と呼び、特に大企業などでは、購入したコンピューターに個別にインストールや設定するのではなく、「アプライアンス」されたコンピューターを業者から一括購入することが多かった。これに対し、仮想アプライアンスでは、仮想化技術により、それを導入するコンピューターの機種を選ばず、既存のコンピューターも利用できる。したがって、従来のアプライアンスに比べ、仮想アプライアンスはコストが低いというメリットがある。仮想アプライアンスが普及しつつある現在、従来のアプライアンスを「物理アプライアンス」と呼び区別する風潮も高まっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮想アプライアンスの関連キーワードニューロコンピューターモバイルコンピューターウエアラブルコンピューターコンピューターアートハイブリッドコンピューターミニコンピューターテレコンピューティングネットワークコンピューターボードコンピュータービルトイン機器

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仮想アプライアンスの関連情報