コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想アプライアンス かそうあぷらいあんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仮想アプライアンス

コンピューター上に組み込んで利用するための、仮想化ソフトウェア、OS、アプリケーションなどをセットで指す言葉。あらかじめ必要な業務用ソフトウェアなどをインストールしたコンピューターを「アプライアンス」と呼び、特に大企業などでは、購入したコンピューターに個別にインストールや設定するのではなく、「アプライアンス」されたコンピューターを業者から一括購入することが多かった。これに対し、仮想アプライアンスでは、仮想化技術により、それを導入するコンピューターの機種を選ばず、既存のコンピューターも利用できる。したがって、従来のアプライアンスに比べ、仮想アプライアンスはコストが低いというメリットがある。仮想アプライアンスが普及しつつある現在、従来のアプライアンスを「物理アプライアンス」と呼び区別する風潮も高まっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

仮想アプライアンスの関連キーワードコンピューター

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android