アプリケーション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アプリケーション

ワープロ・ソフト、表計算ソフト、画像編集ソフトなど、作業の目的に応じて使うソフトウェア。 市販されているもののほか、特定の企業の業務に合わせて開発される業務用アプリケーションや、有志によって作成され、無償または寄付により配布されるものもある。応用ソフトウェアアプリケーション・ソフトウェア、アプリケーション・プログラム、または略してアプリということもある。これに対して、OS、ドライバー、ファームウェアなど、コンピューターの制御に使われるソフトウェアをシステム・ソフトウェアという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

アプリケーション

OSに対して、ワープロ、表計算、グラフィックス、電子メールなど、用途に応じて作られたソフトウエアを指す。「アプリ」と略すこともある。日本語では、「応用ソフト」などと訳される。

(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

アプリケーション

パソコン上で使うソフトウエアのこと。正確な定義はないが、中でも、ワープロや表計算など、規模の大きなソフトを指す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

アプリケーション【application】

適用。応用。
申し込み。申請。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アプリケーション
あぷりけーしょん

アプリケーション・ソフトウェアapplication softwareの略称。本来はパソコンやサーバーなどの情報処理装置にインストールされたOS(基本ソフト)上で動作するソフトウェアのことである。英語では略語としてApp、appが使われる。日本では一般的にソフトウェアまたはソフトとよばれるが、2008年(平成20)にiPhone(アイフォーン)3Gが発売されてから、アプリの呼称が一般的に使われるようになった。その後、スマートフォンの普及とともに定着し、電話機能、電子メール、ウェブブラウザ、ゲームなどもすべてアプリとよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アプリケーション

〘名〙 (application)
適用すること。応用すること。また、実用化。〔モダン辞典(1930)〕
② (「アプリケーション‐ソフトウェア」の略) コンピュータの、特定の作業をするためのソフトウェア。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アプリケーションの関連情報