コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮構 カコウ

デジタル大辞泉の解説

か‐こう【仮構】

[名](スル)実際にはないことを存在するものとして仮に作り設けること。想像によってつくり出すこと。また、そのもの。虚構。「仮構の世界」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かこう【仮構】

( 名 ) スル
かりにつくり構える・こと(もの)。
無いことをかりにあるとすること。また、そうして組み立てた事柄。虚構。 「 -の世界」 「事件を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仮構の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆レチフ・ド・ラ・ブルトンヌハンス ファイヒンガーアルス・オプの哲学コギトエルゴスム秋の夜の長物語ファイヒンガー反社会契約説フィクションディグナーガ風流志道軒伝アフリカ神話黒んぼたち小説の方法烏有に帰す名婦の書簡作話作用幻想文学田山花袋書簡文学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮構の関連情報