コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰木魯堂 おうぎ ろどう

1件 の用語解説(仰木魯堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仰木魯堂 おうぎ-ろどう

1863-1941 明治-昭和時代前期の建築家,茶人。
文久3年生まれ。明治43年ごろから数寄屋(すきや)建築を手がけ,団琢磨(たくま)ら三井財閥の茶人とまじわる。作品に団琢磨邸,高橋箒庵(そうあん)邸,東京護国寺多宝塔や茶室などがある。昭和16年9月20日死去。79歳。福岡県出身。本名は敬一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仰木魯堂の関連キーワード治安維持法日米交渉中島名左衛門陥没カルデラ売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市芹沢鴨

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone