コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋箒庵 たかはし そうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋箒庵 たかはし-そうあん

1861-1937 明治-昭和時代前期の経営者,茶道研究家。
文久元年8月28日生まれ。三井銀行,三井呉服店などに勤務。王子製紙専務のあと51歳で実業界を引退して益田孝,原三渓らとともに数寄(すき)者として活躍。昭和12年12月12日死去。77歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。慶応義塾卒。本名は義雄。著作に「東都茶会記」,編著に「大正名器鑑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の高橋箒庵の言及

【茶事】より

…その一方で,茶事はまた道具中心の展開も示したのであって,とくに明治に入って,財閥富商の間に茶道具の収集熱がたかまってくると,名品を誇示する茶事が盛行するようになる。この種の茶事記録は,高橋箒庵(1861‐1937)が《時事新報》へ連載執筆した記録を中心に編集刊行された《東都茶会記》12冊,《大正茶道記》8冊,《昭和茶道記》1冊に詳述された。四大茶会記が,記録文学としての評価を得ようとするのに対し,箒庵の実見記は,その後,茶の湯ジャーナリズム,ひいては茶器の研究,茶道史の発展に大きな影響を与えたといえる。…

【東明節】より

…その没後,次男平岡次郎が2世吟舟をついだが,作曲や教授は分家家元の東明柳舟(1882‐1949)が名高い。柳舟は初世吟舟の次女揚子で,夫の高橋箒庵(1861‐1937,本名義雄,芸名一舟)の作詞による作品を多く残している。代表作に《花の心》(1926),《此君》(1929)など,華麗で繊細な曲が多い。…

※「高橋箒庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋箒庵の関連キーワード日中戦争中国映画バッジ日活(株)炭酸塩岩脈文久ピアソン華北分離工作朝鮮映画東宝(株)

高橋箒庵の関連情報