コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋箒庵 たかはし そうあん

1件 の用語解説(高橋箒庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋箒庵 たかはし-そうあん

1861-1937 明治-昭和時代前期の経営者,茶道研究家。
文久元年8月28日生まれ。三井銀行,三井呉服店などに勤務。王子製紙専務のあと51歳で実業界を引退して益田孝,原三渓らとともに数寄(すき)者として活躍。昭和12年12月12日死去。77歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。慶応義塾卒。本名は義雄。著作に「東都茶会記」,編著に「大正名器鑑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の高橋箒庵の言及

【茶事】より

…その一方で,茶事はまた道具中心の展開も示したのであって,とくに明治に入って,財閥富商の間に茶道具の収集熱がたかまってくると,名品を誇示する茶事が盛行するようになる。この種の茶事記録は,高橋箒庵(1861‐1937)が《時事新報》へ連載執筆した記録を中心に編集刊行された《東都茶会記》12冊,《大正茶道記》8冊,《昭和茶道記》1冊に詳述された。四大茶会記が,記録文学としての評価を得ようとするのに対し,箒庵の実見記は,その後,茶の湯ジャーナリズム,ひいては茶器の研究,茶道史の発展に大きな影響を与えたといえる。…

【東明節】より

…その没後,次男平岡次郎が2世吟舟をついだが,作曲や教授は分家家元の東明柳舟(1882‐1949)が名高い。柳舟は初世吟舟の次女揚子で,夫の高橋箒庵(1861‐1937,本名義雄,芸名一舟)の作詞による作品を多く残している。代表作に《花の心》(1926),《此君》(1929)など,華麗で繊細な曲が多い。…

※「高橋箒庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高橋箒庵の関連キーワード天田貞吉鴻雪年小杉武司斎藤二朗鈴木諦教千宗左(12代)西田敬止降矢芳郎松山茂森連

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高橋箒庵の関連情報