コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲姫命 なかつひめのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲姫命 なかつひめのみこと

記・紀にみえる応神天皇皇后
品陀真若王(ほんだまわかのおう)の次女。「日本書紀」によると,応神天皇2年に皇后となり,荒田(あらたの)皇女,仁徳天皇,根鳥(ねとりの)皇子を生んだという。「古事記」では中日売。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲姫命

生年:生没年不詳
応神天皇の皇后。『古事記』は中日売命につくる。『古事記』によると,父は景行天皇皇子の五百城入彦王の子の品陀真若王であり,母は尾張連建伊那陀宿禰の娘の志理都紀斗売である。『日本書紀』応神天皇2年条によると,応神天皇の皇后となり,仁徳天皇,根鳥皇子らを生む。姉の高城入姫も妹の弟姫も応神天皇の妃となっており,姉妹型一夫多妻婚が行われたことになる。応神天皇は実在が疑われたり,九州からきた王権纂奪者ともいわれているが,結婚を通じて前王朝の系譜につながったのであろう。仲姫の名前も,中子の意味と,王朝の中を継ぐの意味があったのだろう。

(小林茂文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android