コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲姫命 なかつひめのみこと

2件 の用語解説(仲姫命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲姫命 なかつひめのみこと

記・紀にみえる応神天皇の皇后。
品陀真若王(ほんだまわかのおう)の次女。「日本書紀」によると,応神天皇2年に皇后となり,荒田(あらたの)皇女,仁徳天皇,根鳥(ねとりの)皇子を生んだという。「古事記」では中日売。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仲姫命

生年:生没年不詳
応神天皇の皇后。『古事記』は中日売命につくる。『古事記』によると,父は景行天皇皇子の五百城入彦王の子の品陀真若王であり,母は尾張連建伊那陀宿禰の娘の志理都紀斗売である。『日本書紀』応神天皇2年条によると,応神天皇の皇后となり,仁徳天皇,根鳥皇子らを生む。姉の高城入姫も妹の弟姫も応神天皇の妃となっており,姉妹型一夫多妻婚が行われたことになる。応神天皇は実在が疑われたり,九州からきた王権纂奪者ともいわれているが,結婚を通じて前王朝の系譜につながったのであろう。仲姫の名前も,中子の意味と,王朝の中を継ぐの意味があったのだろう。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲姫命の関連キーワード胎中天皇弟姫伊香色謎命糸媛磐之媛命口比売高城入姫橘皇女品陀真若王百師木伊呂弁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone