仲道郁代(読み)なかみち いくよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲道郁代 なかみち-いくよ

1963- 昭和後期-平成時代のピアニスト。
昭和38年2月13日生まれ。桐朋女子高をへて,桐朋学園大にすすみ,中島和彦に師事。昭和57年日本音楽コンクール1位。60年大学を中退し,ミュンヘン国立音大に留学,クラウス・シルデに師事。61年ジュネーブ国際コンクール3位(1・2位なしの最高位),メンデルスゾーン・コンクール1位。62年エリザベート王妃国際コンクール5位。平成5年モービル音楽賞奨励賞。レパートリーはシューマン,ショパン,ベートーベンと幅広く,19年にはベートーベン:ピアノ・ソナタ全曲(全11枚)をリリースしている。大阪音大特任教授,桐朋学園大教授。宮城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲道郁代の関連情報