コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企画型裁量労働制

1件 の用語解説(企画型裁量労働制の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

企画型裁量労働制

・会社運営、事業所運営に関わる企画立案、調査・分析等を行う労働者が対象となるいわゆるホワイトカラー系業務実施者の時間管理の適用除外の仕組み。
・企画に関する業務に従事しつつ、仕事の方法・時間配分に関して自己裁量権があり、時間による拘束なく成果を挙げる働き方をしている労働者に対し、通常の時間管理ではなく、一定時間働いたものとみなす「みなし労働時間」を適用することができることとなっている。
・法的には、単なる時間外手当を支払わなくてよい仕組みと解釈されることを防ぐため、自己裁量権の保持、時間ではない成果で仕事を把握できることが必要とされている。また、闇雲に範囲拡大をすることを防ぐために、①対象業務、②労働者の範囲、③みなし労働時間、④健康・福利の確保措置、⑤苦情処理機関の設置、⑥本人同意(不同意の場合の不利益取扱は禁止)を定め、所轄労働基準監督署に届け出る必要がある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

企画型裁量労働制の関連キーワード沽券に関わる寺務社運政策条例Ⅱの部

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone