コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなし労働時間

人材マネジメント用語集の解説

みなし労働時間

・実際に働いた時間ではなく、労使協定労使委員会で決められた一定時間を1日の労働時間とみなす制度のこと。
・事業場外労働、専門業務型裁量労働、企画業務型裁量労働に使われる。
・みなし労働時間であっても1日8時間、1週40時間を超える場合は三六協定締結が必要になり、割増賃金も支払わなければならない。
・また、法定休日労働、深夜労働、休憩に関する労働基準法上の規定適用は排除できない。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

みなし労働時間の関連キーワード企画型裁量労働制みなし労働時間制裁量労働制度裁量労働制

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みなし労働時間の関連情報