闇雲(読み)ヤミクモ

デジタル大辞泉の解説

やみ‐くも【闇雲】

[名・形動]先の見通しもなくむやみに事をすること。また、そのさま。「闇雲に突っ走る」
[副]むやみやたらに。
「―とつかみ合うてゐるうち、夜明けて」〈滑・膝栗毛発端

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やみくも【闇雲】

闇の中で雲をつかむ意
名 ・形動 [文] ナリ 
見通しもなく事をすること。是非善悪を考えないですること。また、そのさま。 -にバットを振る -に信じこむ -な正義感は危険だ
漠然としてあてのないさま。やたらに。 -とつかみあうてゐるうち、夜あけて/滑稽本・膝栗毛 発端

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やみ‐くも【闇雲】

[1] 〘名〙
① 黒雲。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「不思議やにわかに空かきくもり、やみくも立かさなりけるままに」
② (形動) 闇の中で雲をつかむように、漠然としてあてのないこと。また、前後のみさかいのないこと。むりやり行なうこと。また、そのさま。むやみやたら。闇雲無性(やみくもむしょう)
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)礼二「やみくもにすてっぺんから足を取り」
※談義本・根無草(1763‐69)後「恋の叶はぬ業腹まぎれ、朕闇雲(ヤミクモ)に亡命(かけおち)して」
[2] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある) (一)②に同じ。
※洒落本・通人三国師(1781)発端「きどらねヱでやみ雲ぬしが出てあるいちゃア」
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)「やみくもとつかみあふてゐるうち、夜あけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇雲の関連情報