コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹真一郎 いたみ しんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹真一郎 いたみ-しんいちろう

1833-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。元治(げんじ)元年藩命により長門(ながと)(山口県)にいき,幕長戦争後の事態収拾のため,三条実美(さねとみ)ら五卿の太宰府(だざいふ)移動につくす。慶応元年喜多岡勇平を佐幕派に通じたとして暗殺し,同年10月23日処刑された。33歳。名は重本。字(あざな)は子信。号は信堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊丹真一郎の関連キーワード戸次彦之助安田喜八郎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android