コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊叱夫礼智干岐 いしぶれちかんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊叱夫礼智干岐 いしぶれちかんき

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の大臣。
継体天皇23年(529)朝鮮任那(みまな)・新羅百済(くだら)を和解させるため近江毛野(おうみの-けの)が新羅王・百済王を任那に召集した際,王にかわり兵3000をひきいて応じる。兵力をみて毛野がしりぞくと,多多羅(たたら)など4村をあらして帰国した。智証王のとき加羅(から)(朝鮮)に侵入。国史編修献言。伊叱夫礼知奈末(いしぶれちなま)ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊叱夫礼智干岐の関連キーワード河内馬飼御狩継体天皇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android