コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛野 ケヌ

百科事典マイペディアの解説

毛野【けぬ】

〈けの〉とも読む。古代,群馬県全域と栃木県南部を指したとみられる地域名。《国造本紀(こくぞうほんぎ)》に仁徳(にんとく)天皇の代に〈毛野国〉を上・下に分けたとある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けぬ【毛野】

古代の地域名。平安時代初期に作られた《国造本紀》の下毛野国造条には仁徳天皇の代に〈毛野国〉を上・下に分けたと書かれている。この後では上毛野国,下毛野国となるが,栃木県北部は那須国造の支配地であったことから,毛野とは関東平野の北西部に位置する群馬県全域と栃木県南部の一定の政治的まとまりをもつ地域を称したものとみられる。〈けぬ〉の語義については〈作物の豊かな所〉とか〈毛人の住む所〉とかされているが判然としない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の毛野の言及

【両毛地方】より

…関東地方北西部の地域名。広義には古代に毛野(けぬ)と呼ばれた範囲を指し,現在の群馬県全域と栃木県南部にあたる。この地域はのちに上毛野国(奈良時代以降の上野(こうずけ)国),下毛野国(下野(しもつけ)国)に分かれたことから,両毛地方の名が使われるようになった。…

※「毛野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛野の関連キーワード近江毛野(おうみのけの)毛野・上野・下野伊叱夫礼智干岐太田天神山古墳忍海山下氏則上毛野竹葉瀬河内馬飼御狩豊城入彦命三輪根麻呂伊福部安道足利[市]群馬[県]岩沢 正作田辺広浜池原禾守崇神天皇磐井の乱笠原小杵上毛三山小野毛人

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android