コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たたら

日本古来の砂鉄製錬炉(→砂鉄)。送風装置のふいごも「踏鞴」と書いてたたらと呼び,また製錬炉とふいごを備えた建物全体も「高殿」と書きたたらと呼んだ。たたらを用いる製鉄は弥生時代から行なわれたといわれるが,確認されていない。奈良時代には渡来人らによって播磨国美作国備前国備中国備後国出雲国の山中で行なわれたことが文献にみえる。江戸時代に全盛をきわめたが,幕末に洋式製鉄法が伝わるとともに衰微した。(→たたらぶきたたら師

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たたら
たたら

平安時代、10~11世紀の和歌や物語に、鋳物師がたたらを踏んで鉄を溶融・鋳造することが出てくる。このたたら(踏鞴の文字をあてる)は、木炭を燃料とする鋳鉄溶融用の炉に送風するための足踏み式ふいごである。たたらふいごを用いた炉もたたら(鑪)とよばれた。日本での鉄器の使用は弥生(やよい)時代とともに始まったが、国内での製鉄は6世紀後半から福岡県西部および岡山県吉井川上流山地などで、砂鉄から木炭を燃料兼還元剤とし海綿鉄塊を生産することが始まった。7世紀後半から律令(りつりょう)時代にかけて、地方産鉄の中央政府への貢納が行われたことは、古文献に記載されており、出土木簡で実証された。産鉄地は中国地方山地、能登(のと)半島、鹿島灘(かしまなだ)沿岸、琵琶(びわ)湖北方山地、福岡県西部、熊本県北部、利根(とね)川上流丘陵地などであった。中国地方山地の8~9世紀の製鉄遺跡の炉跡は、平面形が長方形ないし長楕円(だえん)形をなしている。広島県北広島(きたひろしま)町大矢遺跡(10世紀)の製鉄炉跡では、長方形炉跡の下部に、近世のたたら製鉄炉の地下構造に類似した構造、および炉の両側にふいご用台座らしい場所が認められた。これらの炉では、たたらふいごを用いて砂鉄から鋳鉄を生産したものと考えられる。[原善四郎]

たたら製鉄法

近世から大正年間まで中国地方山地で盛行していたたたら製鉄法は、地上に粘土で築いた長方形の低炉に木炭および砂鉄を互層に装入し、炉の長辺下部に配置した多数の羽口(はぐち)を経てふいごから炉内に送風し、木炭の燃焼熱と還元作用で製鉄する方法である。操業の進行とともに炉材自体が砂鉄と反応して鉱滓(からみ)を生成する。ほぼ4日間で炉壁内面が侵食されて操業を継続できなくなる。この期間を一代(ひとよ)と称した。操業法には赤目(あこめ)砂鉄を用いて銑(づく)を生産する銑押(づくおし)法、および真砂(まさ)砂鉄から(けら)を生産する(けらおし)法の2種があった。銑押法は古くからあり、押法は14世紀から始まったという。赤目砂鉄は安山岩などのケイ酸分の低い母岩中の砂鉄(磁鉄鉱、チタン鉄鉱、赤鉄鉱からなる)であり、真砂砂鉄は花崗(かこう)岩など高ケイ酸質母岩からの砂鉄である。銑とは炭素量が3%以上の鉄、すなわち鋳鉄(融点1150℃)のことである。銑押法では、生成する溶融銑を炉体短辺下部に設けた湯地(ゆじ)穴から流出させ、砂床で円盤状に凝固させ、小割りして製品とした。製品は生鉄(なまがね)とよばれ、鋳物原料として出荷された。は炭素量1%前後の鋼(融点1450℃)である。押法では炉底に塊が生成してくる。一代の終期に炉体を崩し、塊を引き出しそのまま冷却するか、あるいは鉄池(かないけ)とよばれる池に投入して急冷する。冷却した塊は銅場(どうば)(銅は鋳鉄製の重錘(じゅうすい))で破砕し、鋼作場(はがねつくりば)で鉱滓や木炭屑(くず)を除き、破面、色沢、展延性によって品質を選別して製品とした。銑を含まない上質部分が造鋼(つくりはがね)とよばれ、日本刀など刃物の刃部の材料となった。造鋼は玉鋼(たまはがね)ともよばれ、リン、硫黄(いおう)などの不純物を含まない点で優れた鋼材であった。上質部分以外のや銑は、大鍛冶(かじ)場において炭素量0.2%以下の包丁鉄に加工した。それにはまず左下(さげ)場の火床において差しふいご(手押し式箱型ふいご)から送風する木炭火床で半溶融状にまで強熱し、炭素分を0.3~1%程度まで酸化、除去して左下鉄をつくり、続いて本場において火床で加熱、脱炭する作業と鍛打して鉱滓を絞り出す作業を繰り返し、厚さ1センチメートル程度の短冊状の包丁鉄を製造した。包丁鉄(明治政府の統計では錬鉄という)は鍛接性がよく、農・工具や釘(くぎ)の材料となった。たたら炉は大約、一代当り砂鉄13トン、木炭15トンを用いて3.5トンの鉄を生産した。鉄の収率は60%程度で、鉱滓への損失が多かった。最盛期(1890年)には中国地方山地に230基ものたたら炉があり、その産鉄量は年間1万7000トンに達した。
 たたら炉は古くは野外に設けられ野だたらとよばれた。17世紀初頭から高殿(たかどの)とよばれる大型建家の中に設けられるようになった。高殿の中央の炉の位置の地下には排水、防湿、断熱の目的で、床釣(とこつり)とよばれる地下構造が設けられた。送風装置はたたらふいごのほかに、時代、地方によって差しふいごも用いられた。17世紀末にたたらふいごを改良した天秤(てんびん)ふいごが発明され、普及した。高殿内には作業長の村下(むらげ)以下の炭坂(すみさか)、炭焚(すみたき)、番子(ばんこ)などの作業員の控所、原料置場が配置された。高殿を中心に元小屋(管理事務所)、米倉、長屋(作業員住宅)、鉄池、金屋子(かなやこ)神社などで製鉄集落が構成され、山内(さんない)とよばれた。山内を経営したのは、木炭供給用の広大な山林を所有する鉄山師であった。
 原料の砂鉄は、砂鉄を含んだ風化岩盤を掘り崩し、水流に沿って直列に設けた多数の沈殿池中で土砂を洗い流し、砂鉄を池底中に残すという一種の比重選鉱法によって採取された。この作業は鉄穴(かんな)流しとよばれ、冬季、農家の副業であった。[原善四郎]
『俵国一著『古来の砂鉄製錬法』(1933・丸善) ▽前田六郎著『和銅・和鉄』(1943・河出書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

たたらの関連キーワード島根県仁多郡奥出雲町上阿井島根県出雲市多伎町奥田儀田儀櫻井家たたら製鉄遺跡島根県仁多郡奥出雲町大谷兵庫県宍粟市千種町西河内鋼戦隊ムラゲレンジャー山口県阿武郡阿武町惣郷愛媛県今治市上浦町井口奥出雲たたらと刀剣館岩手県久慈市大川目町岡山県新見市千屋花見島根県益田市飯浦町踏鞴吹き・踏鞴吹吉田(島根県)山口県萩市紫福山内生活伝承館地団駄・地団太奥出雲(町)鞴祭り・鞴祭長野県長野市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たたらの関連情報