コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東栄(2) いとう さかえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東栄(2) いとう-さかえ

1873-1929 明治-昭和時代前期の実業家。
明治6年8月生まれ。伊東栄の長男。慶応義塾と高等商業(現一橋大)でまなび,父とともに御園白粉(みそのおしろい)などの製造販売に従事明治44年父の死により伊東胡蝶(こちょう)園(のちパピリオ化粧品本舗)をつぎ,名を謙吉から栄にあらためた。昭和4年7月28日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東栄(2)の関連キーワード実業家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android