コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロレタリア映画 プロレタリアえいが

1件 の用語解説(プロレタリア映画の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プロレタリアえいが【プロレタリア映画】

プロレタリア階級の手によってつくられるプロレタリア階級のための映画の総称で,1918年にレーニンが初代教育人民委員A.V.ルナチャルスキーとの対話のなかで〈われわれにとってもっとも重要なものは映画である〉といったことがその出発点となった。すなわち,映画は資本家階級の手に握られた場合は〈ブルジョア的思想の宣伝手段〉となり〈大衆への阿片〉となるが,労働者階級の手のなかでは〈人民解放のための武器〉となるということが十月革命(1917)以後はっきりと認識されて,ソビエト映画の歴史が形成されていくことになるのである(詳しくは〈ソビエト映画〉の項目を参照)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone