伊東長詮(読み)いとう ながとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東長詮 いとう-ながとし

1736-1778 江戸時代中期の大名。
元文元年5月19日生まれ。伊東長丘(ながおか)の3男。宝暦13年備中(びっちゅう)(岡山県)岡田藩主伊東家7代となる。明和7年の旱魃(かんばつ)のとき窮民に救済米を施与した。領民は2年後の豊作時に数百石の冥加米(みょうがまい)を献上し,恩に報いたという。安永7年6月29日死去。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊東長詮 (いとうながとし)

生年月日:1736年5月19日
江戸時代中期の大名
1778年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android