伊東長詮(読み)いとう ながとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東長詮 いとう-ながとし

1736-1778 江戸時代中期の大名。
元文元年5月19日生まれ。伊東長丘(ながおか)の3男。宝暦13年備中(びっちゅう)(岡山県)岡田藩主伊東家7代となる。明和7年の旱魃(かんばつ)のとき窮民に救済米を施与した。領民は2年後の豊作時に数百石の冥加米(みょうがまい)を献上し,恩に報いたという。安永7年6月29日死去。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊東長詮 (いとうながとし)

生年月日:1736年5月19日
江戸時代中期の大名
1778年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android