コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊笠宗平 いかさ そうへい

1件 の用語解説(伊笠宗平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊笠宗平 いかさ-そうへい

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政年間(1789-1801)に播磨(はりま)(兵庫県)明石郡山田村で粟田焼風の器をつくる。舞子ケ浜で販売したので舞子焼とよばれた。子の百太郎が跡をつぐ。姓は衣笠,名は惣(宗)兵衛とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊笠宗平の関連キーワード曲芸フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之振鷺亭細田栄之峰崎勾当寛政囲米・囲籾児童文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone