コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣笠/絹傘/蓋 キヌガサ

デジタル大辞泉の解説

きぬ‐がさ【×笠/絹傘/蓋】

絹を張った長柄のかさ。昔、貴人の外出の際、後ろからさしかざしたもの。
仏像などの上にかざす天蓋(てんがい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

衣笠

京都府京都市、亀屋重久が製造・販売する銘菓。柔らかい饅頭型の落雁でこし餡を包んだもの。白と抹茶がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きぬがさ【衣笠】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣笠
きぬがさ

古鷹型重巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

衣笠/絹傘/蓋の関連キーワード新・平家物語 義仲をめぐる三人の女神奈川県横須賀市衣笠町雪之丞変化 第二篇雪之丞変化 完結篇雪之丞変化 前篇四つの恋の物語かぼちゃ騒動記大文字の送り火喜曽 十三郎或る夜の殿様京都府京都市永陽門院少将高田槌之助吉川 類次宮島 健一雪之丞変化狂った一頁万代和歌集長嶋茂雄福井敬斎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android