伊藤匠(読み)いとうたくみ

知恵蔵miniの解説

日本の将棋棋士。2002年10月10日、東京都生まれ。宮田利男八段門下。5歳の時、父の手ほどきで将棋を始め、6歳の頃には将棋大会への参加を始める。12年に開催された第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会で準優勝し、この時、準決勝で同学年である藤井聡太(プロ棋士、現王位、棋聖)と対戦し勝利。13年、奨励会入会。18年から三段リーグに参加。20年、第67回奨励会三段リーグ戦で14勝2敗と勝星を伸ばし1位になることが確定し、20年10月1日付でプロ棋士の四段になることが決まった。現在最年少プロ棋士である藤井聡太王位・棋聖より約3カ月年下の17歳11カ月で現役最年少のプロ棋士となる。

(2020-9-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android