コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤柏翠 いとう はくすい

1件 の用語解説(伊藤柏翠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊藤柏翠

俳人。明治44年(1911)東京生。本名は勇、別号に梅庵。高浜虚子に師事し、松本たかし星野立子らと交わる。のち福井へ移住し、『花鳥』を創刊主宰、虚子の花鳥諷詠・客観写生の普及に努め、隠健かつ格調高い句風を確立した。日本伝統俳句協会副会長。『ホトトギス』同人会会長。句集に『虹』(森田愛子共著)『永平寺』、随筆に『花鳥禅』等。福井住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤柏翠の関連キーワード天野雨山武富瓦全太田行夫古川鉄耕木下笑風大森敬堂鶴賀新内(7代)遍千万水成安田木母

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone