伊藤蘭畹(読み)いとう らんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤蘭畹 いとう-らんえん

1727-1788 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)12年7月29日生まれ。伊藤梅宇の子。京都に遊学後,江戸にでて叔父伊藤竹里にまなぶ。兄霞台(かだい)の跡をつぎ,備後(びんご)(広島県)福山藩藩儒となり,祖父仁斎以来の家学の古義学をおしえた。天明8年8月30日死去。62歳。安芸(あき)(広島県)出身。名は懐祖。字(あざな)は修佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊藤蘭畹 (いとうらんえん)

生年月日:1727年7月29日
江戸時代中期の備後福山藩士
1788年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android