コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤梅宇 イトウバイウ

3件 の用語解説(伊藤梅宇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いとう‐ばいう【伊藤梅宇】

[1683~1745]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎の次子。名は長英。歴史・有職(ゆうそく)故実に詳しかった。著「見聞談叢」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤梅宇 いとう-ばいう

1683-1745 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)3年8月19日生まれ。伊藤仁斎の次男。伊藤東涯の異母弟。父にまなび,宝永のころ周防(すおう)(山口県)徳山藩,享保(きょうほう)3年以降は備後(びんご)(広島県)福山藩の藩儒をつとめた。4年朝鮮通信使の接待役。延享2年10月28日死去。63歳。京都出身。名は長敦(ながあつ),のち長英。字(あざな)は重蔵。著作に「見聞談叢(けんもんだんそう)」「梅宇文稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤梅宇

没年:延享2.10.28(1745.11.21)
生年:天和3.8.19(1683.10.9)
江戸中期の儒学者。名ははじめ長敦のち長英,字は重蔵。梅宇は号,諡号は康献先生。京都出身。父仁斎,母総の次男。父に古義学を学ぶ。宝永3(1706)年より仁斎を思慕していた周防国徳山藩主毛利元次から客分として禄を与えられ,正徳5(1715)年藩儒として徳山(山口県徳山市)へ赴任。享保1(1716)年毛利元次改易。翌々年,門岡惣介の世話で備後国福山藩儒(30人扶持)として福山(広島県福山市)に移り古義学を伝えた。主著『見聞談叢』は古義堂や当時の儒学界の事情を活写した興味深い文献。<参考文献>加藤仁平『伊藤仁斎の学問と教育』

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤梅宇の関連キーワード漢儒童子問並河天民赤田臥牛奥平壱岐神崎屋源造杏三折佐竹義根島津華山武田三益

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone