コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤長次郎 いとう ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤長次郎 いとう-ちょうじろう

1873-1959 明治-昭和時代の農政家。
明治6年4月11日生まれ。生家は兵庫県伊保村(高砂市)の地主。日本法律学校(現日大)でまなぶ。明治36年県農会長,37年伊藤家農会長となり,耕地整理,米の品質改良をすすめる。41年県尊農協会会長。大正5年県信用組合連合会会長。貴族院議員。昭和34年6月12日死去。86歳。著作に『欧米管見談』。
格言など】若い時は難儀して老いては仕合せが大いに吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤長次郎の関連キーワード坪田十郎明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android