伊藤 述史(読み)イトウ ノブフミ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 述史
イトウ ノブフミ

昭和期の外交官 貴院議員(勅選);内閣情報局総裁。



生年
明治18(1885)年8月19日

没年
昭和35(1960)年4月3日

出生地
愛媛県

別名
号=無川

学歴〔年〕
東京高商〔明治42年〕卒

学位〔年〕
法学博士

経歴
明治42年外務省に入り、昭和2年国際連盟帝国事務局次長。満州事変勃発の6年、日本政府代表代理として活躍。8年2月の国連総会で、日本軍の満州撤退勧告案が42対1で可決され、松岡洋右首席代表らとともに退場、帰国。連盟脱退の陰の立役者となる。ポーランド公使の後、14年有田外相に求められ日独伊3国同盟推進派の大島浩駐独、白鳥敏夫駐伊両大使の説得工作に当たる。15年第2次近衛文麿内閣の初代内閣情報局総裁。20年勅選貴院議員。21〜26年公職追放。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

伊藤 述史
イトウ ノブフミ


肩書
貴院議員(勅選),内閣情報局総裁

別名
号=無川

生年月日
明治18年8月19日

出生地
愛媛県

学歴
東京高商〔明治42年〕卒

学位
法学博士

経歴
明治42年外務省に入り、昭和2年国際連盟帝国事務局次長。満州事変勃発の6年、日本政府代表代理として活躍。8年2月の国連総会で、日本軍の満州撤退勧告案が42対1で可決され、松岡洋右首席代表らとともに退場、帰国。連盟脱退の陰の立役者となる。ポーランド公使の後、14年有田外相に求められ日独伊3国同盟推進派の大島浩駐独、白鳥敏夫駐伊両大使の説得工作に当たる。15年第2次近衛文麿内閣の初代内閣情報局総裁。20年勅選貴院議員。21〜26年公職追放。

没年月日
昭和35年4月3日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤 述史 (いとう のぶふみ)

生年月日:1885年8月19日
昭和時代の外交官。貴族院議員;アジア連絡協会理事長
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android