立役者(読み)たてやくしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「立役者」の解説

立役者
たてやくしゃ

演劇用語。一座で主要な役を演ずるほどの俳優をいう。歌舞伎(かぶき)の場合、古くは名題(なだい)役者のことを「立者(たてもの)」といい、そのうち一座を統率する座頭(ざがしら)をはじめ、立女方(たておやま)、書出し、中軸(なかじく)などの幹部俳優をとくに「大立者」とよんだ。今日、立役者または大立者といえば、むしろ一般語で、物事の主人公を意味する語になっている。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「立役者」の解説

たて‐やくしゃ【立役者】

〘名〙
① 芝居で一座の中心となる重要な役者。立役。立者(たてもの)
※俳諧・天満千句(1676)「立役者かうべに花を戴て〈西鬼〉 京からくだる梅の一枝〈如見〉」
② 中心になって活躍する重要な人物。立者。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉七「民主化同盟の立役者だった秋男もほとんど何もしゃべらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立役者」の解説

たて‐やくしゃ【立役者】

芝居の一座で中心になる役者。立者たてもの。立役。
物事の中心となって重要な役割を果たす人。「軍縮会議の立役者
[類語]名優千両役者スター花形大立者俳優座頭ざがしらヒーローヒロインアイドルカリスマ一枚看板人気者売れっ子はやりっ子寵児役者タレント芸人演者女優男優女形性格俳優・喜劇俳優・大部屋俳優・大根大根役者二枚目三枚目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android