立役者(読み)たてやくしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「立役者」の解説

立役者
たてやくしゃ

演劇用語。一座で主要な役を演ずるほどの俳優をいう。歌舞伎(かぶき)の場合、古くは名題(なだい)役者のことを「立者(たてもの)」といい、そのうち一座を統率する座頭(ざがしら)をはじめ、立女方(たておやま)、書出し、中軸(なかじく)などの幹部俳優をとくに「大立者」とよんだ。今日、立役者または大立者といえば、むしろ一般語で、物事の主人公を意味する語になっている。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「立役者」の解説

たて‐やくしゃ【立役者】

芝居の一座で中心になる役者。立者(たてもの)。立役。
物事の中心となって重要な役割を果たす人。「軍縮会議の立役者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「立役者」の解説

たて‐やくしゃ【立役者】

〘名〙
① 芝居で一座の中心となる重要な役者。立役。立者(たてもの)
※俳諧・天満千句(1676)「立役者かうべに花を戴て〈西鬼〉 京からくだる梅の一枝〈如見〉」
② 中心になって活躍する重要な人物。立者。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉七「民主化同盟の立役者だった秋男もほとんど何もしゃべらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android