コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆-小笠原海溝 いずおがさわらかいこうIzu-Ogasawara Trench

2件 の用語解説(伊豆-小笠原海溝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊豆-小笠原海溝
いずおがさわらかいこう
Izu-Ogasawara Trench

日本海溝の南,八丈島東方から伊豆諸島小笠原諸島の東側を南北に細長く延びている海溝で,その南限は小笠原海嶺で区切られている。かつては日本海溝の一部と考えられていたが,八丈島東方で地震活動の様式が大きく変化しているので,1962年に日本海溝から分けられた。全長約 850km,そのかなりの部分が 9000m以上の深さをもつ。最深部は 9810m。海溝底は幅 10km前後の平底。南は 5000m内外の浅所 (小笠原海台) をへだててマリアナ海溝に連なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕伊豆-小笠原海溝(いずおがさわらかいこう)


房総(ぼうそう)半島東方沖から真南に、小笠原群島東方沖まで続く海溝。長さ約1000km、幅50~100km。最深部は聟(むこ)島北北東約180kmの地点で、水深9810m。太平洋プレートがフィリピン海プレートに潜り込んで形成された。北端近くから相模舟状(さがみしゅうじょう)海盆(相模トラフ)が北西に分岐する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆-小笠原海溝の関連情報