コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海溝 にほんかいこう

6件 の用語解説(日本海溝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本海溝
にほんかいこう

日本列島の太平洋側沖合いに連なる海溝。かつては千島から伊豆,小笠原諸島沖合いまでの全体を呼んでいたが,今日では普通,関東地方の沖合いから北海道襟裳岬の沖合いまで広がる部分をさし,それより北を千島-カムチャツカ海溝,南を伊豆-小笠原海溝として区別している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐かいこう【日本海溝】

東北・関東地方沖を南北に走る海溝。長さ約800キロ、最深部8058メートル。北は襟裳(えりも)岬沖で千島カムチャツカ海溝に、南は房総半島沖で伊豆小笠原海溝に接する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本海溝【にほんかいこう】

本州東方の海溝。北は襟裳(えりも)岬沖で千島・カムチャツカ海溝と接し,この接合点の海溝軸に襟裳海山がある。南は房総半島南東沖で伊豆・小笠原海溝と接する。この境界は相模湾へ続く深所が分岐する付近である。
→関連項目三陸沖地震しんかい6500

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんかいこう【日本海溝 Japan Trench】

東北日本の東側に沿って,三陸・常磐海岸の約200km沖を海岸にほぼ平行に南北に走る海溝。北は北海道襟裳(えりも)岬南東沖の襟裳海山で千島・カムチャツカ海溝と区切られ,南は犬吠埼東方の第一鹿島海山伊豆・小笠原海溝とつながる。全長は約800kmである。海溝底の深さは北から南へ階段状に深くなり,最深部(水深8020m)は南端近くにある。海溝底を平らに埋めた堆積物は北ほど厚く,そのため海溝底は北部ではU字形をしているが,南端では堆積物は薄く,V字形の地形断面をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんかいこう【日本海溝】

東北日本の東方約200キロメートル 沖をほぼ南北に走る海溝。襟裳岬えりもみさき沖で千島・カムチャツカ海溝、房総半島沖で伊豆・小笠原海溝に接する。長さ約800キロメートル。最深部は8000メートルを超える。太平洋プレートがアジア-プレートの下へ斜めに沈み込む地帯と考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本海溝
にほんかいこう

東北、関東地方東方沖の海底を南北に走る海溝。長さ約800キロメートル、幅100キロメートル程度、最深8020メートル(鹿島灘(かしまなだ)沖)。日本海溝の北端は北海道襟裳(えりも)岬沖で千島・カムチャツカ海溝と、南端は房総半島沖で伊豆・小笠原(おがさわら)海溝と連続している。古くはこれら三つを一括して日本海溝とよんでいた。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本海溝の関連キーワード宗谷海岸東北日本鰓蚕極楽の東門リアス式海岸北日本船堀街道平和橋通り三陸津波東北日本火山帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本海溝の関連情報