コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海溝 にほんかいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本海溝
にほんかいこう

日本列島の太平洋側沖合いに連なる海溝。かつては千島から伊豆,小笠原諸島沖合いまでの全体を呼んでいたが,今日では普通,関東地方の沖合いから北海道の襟裳岬の沖合いまで広がる部分をさし,それより北を千島-カムチャツカ海溝,南を伊豆-小笠原海溝として区別している。全長約 800km,平均 7000~8000mの深度。最深部 8412m。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本海溝【にほんかいこう】

本州東方の海溝。北は襟裳(えりも)岬沖で千島・カムチャツカ海溝と接し,この接合点の海溝軸襟裳海山がある。南は房総半島南東沖で伊豆・小笠原海溝と接する。この境界は相模湾へ続く深所が分岐する付近である。全長約800km。大陸斜面には2〜3段の海底段丘がある。2400〜3400m以深は多数の階段をなす海溝斜面となって急斜する。大洋側は5600〜6000m以深に海溝に並行の細長い凹地を境にして海溝斜面となる。海溝底はV字形で平らな底が発達する所は少ない。海溝水深は南ほど深く,伊豆・小笠原海溝に接する部分で9000m以上に達する。ただしここは伊豆・小笠原海溝と地形的には一連となっているため,日本海溝最深所はその北の鹿島灘沖8058m。かつて千島・カムチャツカ,日本,伊豆・小笠原の3海溝をあわせて日本海溝と称したが,海溝と島弧の対応性から3分され,1962年の国際的地名統一にも認められることになった。
→関連項目三陸沖地震しんかい6500

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんかいこう【日本海溝 Japan Trench】

東北日本の東側に沿って,三陸・常磐海岸の約200km沖を海岸にほぼ平行に南北に走る海溝。北は北海道襟裳(えりも)岬南東沖の襟裳海山で千島・カムチャツカ海溝と区切られ,南は犬吠埼東方の第一鹿島海山で伊豆・小笠原海溝とつながる。全長は約800kmである。海溝底の深さは北から南へ階段状に深くなり,最深部(水深8020m)は南端近くにある。海溝底を平らに埋めた堆積物は北ほど厚く,そのため海溝底は北部ではU字形をしているが,南端では堆積物は薄く,V字形の地形断面をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんかいこう【日本海溝】

東北日本の東方約200キロメートル 沖をほぼ南北に走る海溝。襟裳岬えりもみさき沖で千島・カムチャツカ海溝、房総半島沖で伊豆・小笠原海溝に接する。長さ約800キロメートル。最深部は8000メートルを超える。太平洋プレートがアジア-プレートの下へ斜めに沈み込む地帯と考えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本海溝
にほんかいこう

東北、関東地方東方沖の海底を南北に走る海溝。長さ約800キロメートル、幅100キロメートル程度、最深8020メートル(鹿島灘(かしまなだ)沖)。日本海溝の北端は北海道襟裳(えりも)岬沖で千島・カムチャツカ海溝と、南端は房総半島沖で伊豆・小笠原(おがさわら)海溝と連続している。古くはこれら三つを一括して日本海溝とよんでいた。[勝又 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本海溝の関連情報