コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリアナ海溝 マリアナかいこうMariana Trench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリアナ海溝
マリアナかいこう
Mariana Trench

太平洋の北西部,マリアナ諸島の東側で,北側の伊豆-小笠原海溝に連なってその南方延長上に弧状に横たわる海溝。幅 70~150km,長さ 2550kmに及び,水深 6000m以上。今日知られている世界最深点のチャレンジャー海淵(1万1034m)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マリアナ海溝【マリアナかいこう】

マリアナ諸島東方の海溝。火山列島東方からヤップ島東方まで弧状に張り出し,数ヵ所の深所に分断され断続する。北部は7000〜8000mで,南西部が深く地球上最も深いチャレンジャー海淵(1万920±10m)がある。
→関連項目太平洋ビーチャジ海淵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリアナかいこう【マリアナ海溝 Mariana trench】

小笠原諸島の母島南東方(北緯25゜付近)からヤップ島北東方(北緯12゜付近)に至る三日月状の海溝。全長は約2550kmである。海溝底は一般に深く,水深9000mを超える所も多い。とくに,グアム島の南で海溝がほぼ東西に走る部分は深く,水深1万m以上の部分が1950年代にイギリスチャレンジャー(8世)号やソ連のビチャージ号によって発見され,チャレンジャー海淵と呼ばれて世界最深部とされていた。しかし,1983年に海上保安庁水路部の調査船〈拓洋〉による精密調査の結果,最深部はこれまでの報告と少し違って,北緯11゜22′24″,東経142゜35′30″にあり,水深は1万0924±10mであることがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マリアナかいこう【マリアナ海溝】

〔Mariana〕 西太平洋、マリアナ諸島の東側にある海溝。世界最深のチャレンジャー海淵(10920メートル)がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリアナ海溝
まりあなかいこう
Mariana trench

太平洋の西部、マリアナ諸島の東沖に南東に大きく弧状に張り出し連なっている海溝。長さ約2550キロメートル、幅は平均70キロメートルであるが、広い部分では150キロメートルを超える。全域にわたり水深が6000メートル以上あり、とくに南西部が深く、地球上の最深所(2004現在)であるチャレンジャー海淵(かいえん)やビチャージ海淵もこの部分にある。最深部は1万0920メートル(北緯11度19分、東経142度15分)。プレートテクトニクスの面からみると、太平洋プレートとフィリピン海プレートとの間の沈み込み帯subduction zoneに位置している。また北太平洋西部に連なる千島、日本、小笠原(おがさわら)各海溝の延長上にあり、これらとともに一連の沈み込み帯を形成している。そのため、近年、マリアナ海溝は海洋地球物理学、とくにプレートテクトニクスの研究対象として大きく取り上げられている。なお、1960年J・ピカールとD・ウォルシュとがトリエステ号でチャレンジャー海淵の潜水に成功している。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマリアナ海溝の言及

【海】より

…陸地と海洋の割合は前者で49.0%:51.0%,後者で9.4%:90.6%となり,前者の陸半球には全陸地の約84%が含まれる。
[海の深さ]
 世界の海洋の深度は,平均約4000mであるが,世界で最も深い記録は,太平洋のマリアナ海溝にあり,1万0920mにも達する。一般に海面から約200mの深さまでは陸地の延長とみられ,大陸棚と呼ばれる(図2)。…

※「マリアナ海溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリアナ海溝の関連情報