コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達村豊 だて むらとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達村豊 だて-むらとよ

1682-1737 江戸時代前期-中期の大名。
天和(てんな)2年11月8日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩主伊達秀宗(ひでむね)の孫。伊達宗保(むねやす)の養子となり,元禄(げんろく)6年伊予吉田藩主伊達家3代。14年赤穂(あこう)事件のきっかけとなる勅使・院使の接待役を浅野長矩(ながのり)とともにつとめた。元文2年6月30日死去。56歳。初名は宗春(むねはる),成任(しげとう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊達村豊 (だてむらとよ)

生年月日:1682年11月8日
江戸時代中期の大名
1737年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

伊達村豊の関連キーワード生年月日伊達村信伊達宗春

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android