コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏竜鳳雛 フクリョウホウスウ

デジタル大辞泉の解説

ふくりょう‐ほうすう【伏××雛】

《「蜀志」諸葛亮伝注から》池の中に潜んでいる竜と、鳳凰(ほうおう)の雛(ひな)。三国時代司馬徽(しばき)は、諸葛亮をさして伏竜に、龐士元(ほうしげん)をさして鳳雛と評した。転じて、世間に知られずにいる大人物と将来有望な若者のたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくりょうほうすう【伏竜鳳雛】

〔「三国志蜀書諸葛亮伝注」より。三国時代、司馬徽が蜀の諸葛孔明しよかつこうめいを伏竜にたとえ、龐士元ほうしげんを鳳凰の雛ひなにたとえたことから〕
まだ世に知られていない大人物と有能な若者のたとえ。臥竜がりよう鳳雛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伏竜鳳雛の関連キーワード諸葛孔明臥竜