コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見院御記 ふしみいんぎょき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏見院御記
ふしみいんぎょき

伏見天皇の日記。『天聴御記』『伏見院宸記』ともいう。もと 70巻と伝えられるが,寛文1 (1661) 年の内裏炎上で大部分焼失。残り8巻が宮内庁書陵部に保存されている。弘安 10 (1287) ~応長1 (1311) 年のうち8年分が部分的に残存する。有職故実社会生活などを記してあり,鎌倉時代末期の史料として重要。『史料大成所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android