コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見天皇 ふしみてんのう

8件 の用語解説(伏見天皇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伏見天皇

第九十二代天皇。後深草天皇の第二皇子。名は熙仁。在位12年、34才で皇子の後伏見天皇に譲位し、のち薙髪する。書に巧みで和歌も能くした。藤原為兼を師として学び、御製歌集の他に勅撰集『玉葉集』、また日記『伏見院御記』等がある。文保元年(1317)崩御、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふしみ‐てんのう〔‐テンワウ〕【伏見天皇】

[1265~1317]第92代天皇。在位1287~1298。持明院統後深草天皇の第2皇子。名は熙仁(ひろひと)。大覚寺統後宇多天皇のあとを受けて即位、両統迭立(てつりつ)の例を開いた。日記「伏見院宸記」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伏見天皇【ふしみてんのう】

在位1287年−1298年。持明院(じみょういん)殿と称された。後深草(ごふかくさ)天皇の皇子。1290年までは父の院政であったが,その後は親政をしき,院評定衆(いんのひょうじょうしゅう)の代わりに宮中に議定衆(ぎじょうしゅう)をおくなど公家政治振興に努めた。
→関連項目後宇多天皇後伏見天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見天皇 ふしみてんのう

1265-1317 鎌倉時代,第92代天皇。在位1287-98。
文永2年4月23日生まれ。後深草天皇の第2皇子。母は藤原愔子(いんし)(玄輝門院)。大覚寺統の後宇多天皇からゆずられ即位。持明院統。正応(しょうおう)5年十三ヵ条の新制を制定し,政治の刷新をすすめるが,大覚寺・持明院両統の対立は激化する。子の後伏見天皇に譲位して後伏見・花園天皇の代に院政をしく。和歌,書にすぐれ,「玉葉和歌集」を撰進させた。文保(ぶんぽ)元年9月3日死去。53歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は煕仁(ひろひと)。法名は素融。別名に持明院殿。歌集に「伏見院御集」,日記に「伏見院御記」。
【格言など】更(ふ)けぬるか過ぎ行く宿もしづまりて月の夜道にあふ人もなし(「玉葉和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふしみてんのう【伏見天皇】

1265‐1317(文永2‐文保1)
第92代に数えられる天皇。在位1287‐98年。89代後深草天皇の第2皇子。母は洞院実雄の娘玄輝門院愔子。諱(いみな)は熙仁,持明院殿と称された。1287年(弘安10)10月践祚,翌年3月即位すると親政をしき,鎌倉末期の公家政治振興に努めた。院評定衆の代りに宮中に議定衆をおき,記録所に庭中訴訟を聞くなど,当時としては政治を刷新するものであった。このころ皇統が持明院・大覚寺両統に分かれ,皇位継承問題から激しい政争があった中で,伏見天皇持明院統の地位を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふしみてんのう【伏見天皇】

1265~1317) 第九二代天皇(在位1287~1298)。名は熙仁ひろひと。持明院統の後深草天皇の第二皇子。大覚寺統の後宇多天皇の譲位を受け、両統交互に皇位につく例をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏見天皇
ふしみてんのう

[生]文永2(1265).4.23. 京都
[没]文保1(1317).9.3. 京都
第 92代の天皇 (在位 1287~98) 。持明院統の祖,後深草天皇の第2皇子。母は玄輝門院藤原よし子。名は煕仁 (ひろひと) 。建治1 (75) 年大覚寺統後宇多天皇皇太子となり,弘安 10 (87) 年践祚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伏見天皇
ふしみてんのう
(1265―1317)

鎌倉時代後期の天皇(在位1287~98)。名は煕仁(ひろひと)。持明(じみょう)院統の後深草(ごふかくさ)天皇の第2皇子。母は玄輝門院(げんきもんいんいんし)。1275年(建治1)大覚寺(だいかくじ)統の後宇多(ごうだ)天皇の皇太子となり、87年(弘安10)即位。両統が交互に皇位につく例を開いた(両統迭立)。90年(正応3)までは後深草上皇の院政で、以後親政を行った。譲位後、後伏見・花園(はなぞの)両朝の院政を1313年(正和2)までとった。和歌と書にも優れ、京極為兼(きょうごくためかね)に『玉葉(ぎょくよう)和歌集』を撰修(せんしゅう)させた。日記『伏見院御記』があり、一部現存する。文保(ぶんぽう)元年9月3日没。御陵は京都市伏見区深草北陵。[佐々木久彦]
『岩佐美代子著『あめつちの心――伏見院御歌評釈』(1979・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伏見天皇の言及

【玉葉和歌集】より

…〈二十一代集〉中第14番目の勅撰和歌集。20巻。伏見院の院宣により1312年(正和1)に京極為兼が撰進。《玉葉集》と略称。後の《風雅和歌集》とともに,京極派の歌風を中心とする勅撰集として,《新古今集》以降の勅撰集のなかで異彩を放っている。当時の歌壇における二条・京極・冷泉3家の対立を背景に,本集の成立には複雑な経緯があり,伏見院ははじめ在位中の1293年(永仁1)に勅撰集の撰定を二条為世,京極為兼,飛鳥井雅有,六条隆博に諮問した(雅有は不参)が,撰定方針等をめぐり為世と為兼の間に対立を生じ,おりからの為兼の配流,隆博・雅有の物故もあり,この企図は中絶した。…

【書】より

…これらには後鳥羽天皇を中心とする《新古今集》の宮廷歌人の筆跡がまとまって伝存し,法性寺流を基調としながらも個性的な筆勢が明らかである。名筆として知られた伏見天皇(1265‐1317)は平安時代の書に習熟し,復古的な流麗さをもって著名で,その皇子尊円親王は世尊寺流に宋風を加味した尊円流を創めた。青蓮院(しようれんいん)流とも呼び,後世の御家流(おいえりゆう)の基礎となった。…

※「伏見天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏見天皇の関連キーワード鎌倉時代腰越「いざ鎌倉」海東忠成公縁周制深恵知仁親王西の御方賢順(鎌倉時代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伏見天皇の関連情報