会堂(読み)カイドウ

  • かいどう クヮイダウ
  • かいどう〔クワイダウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 集会のための大きな建物。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「学術の会社は転じて魔鬼の会堂と為るべきなり」
② (「きょうかいどう(教会堂)」の略) 教会の建物。
※引照新約全書(1880)馬太伝福音書「イエス遍く郷邑を廻その会堂(クヮイダウ)にて教をなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の会堂の言及

【シナゴーグ】より

…ユダヤ教の公的な祈禱・礼拝の場所(会堂)をさす語。ギリシア語で〈集会〉を意味するシュナゴゲsynagōgēに由来し,ヘブライ語では,ベート・クネセットbêṯ kenēseṯという。…

※「会堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会堂の関連情報