コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝灯録 デントウロク

2件 の用語解説(伝灯録の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんとうろく【伝灯録】

景徳伝灯録」の略称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんとうろく【伝灯録 Chuán dēng lù】

中国の禅宗史書の一つ。30巻。蘇州承天寺の道原の作。北宋の景徳1年(1004)に真宗に上進し,勅許によって入蔵されたことから,《景徳伝灯録》とも呼ばれる。時の宰相,楊億の序がある。過去七仏にはじまって,インドの28代,中国の6代を経て北宋初期に至る,1701人の祖師の名と,伝灯相承(そうじよう)の次第を述べたもの。北宋時代における禅の盛大化とともに,士大夫の教養書の一つとなり,禅の本の権威となって,仏祖の機縁問答を一千七百則の公案と呼ぶのは,本書に収める仏祖の数字に基づく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伝灯録の言及

【延宝伝灯録】より

…延宝は完成時の年号,伝灯は悟りの真理を伝えることである。禅僧約1050人の行状や悟りを得たとき(開悟)の機縁語句等を載せ,また天皇や相将居士の修禅者の伝や,著名な禅僧の広語や雑著を抄録するが,体裁は《景徳伝灯録》など中国の伝灯録に倣っている。【竹貫 元勝】。…

【祖堂集】より

…本書は,このような雪峰に集大成される唐代各地の祖師禅の成果で,文僜には別に《千仏新著諸祖頌》があって,迦葉(かしよう)より馬祖に至る祖師の賛を集めていて,本書のそれぞれの章末に付録される。本書に遅れること50年,北宋の1004年(景徳1)に《伝灯録》30巻が成立し,勅許によって入蔵,本書は《伝灯録》の盛行に圧せられて,中国にその伝を断つが,高麗高宗が彫造する高麗版《大蔵経》の補版として,その32年(1245)に開版され,現在の本は,韓国慶尚南道の伽倻山海印寺に存する版木により,今世紀にはじめて印刷された。《伝灯録》が各時代にわたって開版され盛行したために,その本文にかなりの異本を生むのに比し,本書は今まで読まれなかったために,かえってよく原型を保存しており,語文,思想,歴史などの面で,敦煌文献につぐ新資料として高い価値をもっている。…

※「伝灯録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone