伯仲の間(読み)ハクチュウノカン

デジタル大辞泉 「伯仲の間」の意味・読み・例文・類語

はくちゅう‐の‐かん【伯仲の間】

《魏文帝「典論」から》両者能力にあまり差のないこと。互いに似たりよったりであること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「伯仲の間」の意味・読み・例文・類語

はくちゅう【伯仲】 の 間(かん)

  1. 互いに優劣の差のない間柄
    1. [初出の実例]「後生孰在伯仲之間温故知新」(出典:業鏡台(1394‐1428頃)晃首座住濃州龍門寺)
    2. [その他の文献]〔曹丕‐典論論文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android