温故知新(読み)オンコチシン

デジタル大辞泉の解説

おんこ‐ちしん〔ヲンコ‐〕【温故知新】

《「論語為政から》過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。
[補説]「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。「温」を「あたためて」と読む説もある。なお、「温古知新」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

温故知新

古きをたずねて新しきを知る。先人知恵に学ぶこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

おんこちしん【温故知新】

〔論語 為政
昔の事を調べて、そこから新しい知識や見解を得ること。ふるきをたずねて新しきを知る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温故知新の関連情報