温故知新(読み)オンコチシン

デジタル大辞泉の解説

おんこ‐ちしん〔ヲンコ‐〕【温故知新】

《「論語為政から》過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。
[補説]「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。「温」を「あたためて」と読む説もある。なお、「温古知新」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

温故知新

古きをたずねて新しきを知る。先人知恵に学ぶこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

おんこちしん【温故知新】

〔論語 為政
昔の事を調べて、そこから新しい知識や見解を得ること。ふるきをたずねて新しきを知る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温故知新の関連情報